スケジュール

兼ねてからワークとバケーションの両立の難しさは書いているので、ここでは無理をしないスケジュールにしました。

8/9(月・祝):移動+ビーナスライン下見(雨のため)。ワークラボ八ヶ岳で短時間の軽いワーク。

8/10(火):請負仕事が先方夏休みでなし。AMは個人の仕事。PMにビーナスラインをドライブしたり、ドローン飛ばしたりの予定。→天気にあまり恵まれず、いい絵はあまり…という感じ。

8/11(水):宿泊先で1日ワーク。

イメージは「夏休みで1日多く宿泊し、ゆっくり行ってゆっくり帰る」です。

お盆時期でも平日なので少しはマシというのがプラスです。
会社員だと仮定すると、祝日+1日全休を取得し、水曜日はゆっくり仕事をして帰るというスケジュールにすることで、セカセカしにくいようにしています。

行く目的:ビーナスラインを走りたい!

これがないとワーケーションが成立しないため、これは重要です。
ドライブコースとして有名な夏のビーナスラインを走ります。

避暑にもなりますしね。なんだかんだ言っても標高が高いと暑さも和らぎます。

ワークラボ八ヶ岳について

茅野駅駅前にあるコワーキングスペース。
ここ:https://wly.jp/

ドロップインが3時間500円と使いやすく設定されていて、1日利用でも1000円と非常にお得。
施設は3年目にはなるとは思えないほど綺麗です。

こんな感じ。
それなりにドロップインスペースに人がおり、いい感じで混んでいました。

椅子も座りやすいですね。痛くなるものもありますが、そうではありませんでした。

電話会議できるスペースもあります。これは嬉しい設備ですね。
コワーキングスペースがこれが実は困ってしまうケースが多くあります。
大声で会議をしている人もいますが、丸聞こえなので、「へー、そんな状況なんだ」って全部聞こえてます。

 

数時間しかいませんでしたが、入りやすく出やすいので、使い勝手は良かったです。
駅前で軽く時間を過ごしたいと言う人は重宝するんじゃないかなーって思いました。

基本は宿泊場所で仕事

今回は「湖畔の温泉宿 蓼科」でお世話になりました。
URL:https://peraichi.com/landing_pages/view/tateshina/

時期が時期なのでワーケーションプランはできませんでしたが、普通に泊まってワークと観光を。

朝食付きなのは嬉しい。
というのも、観光地あるあるですが、「朝食を食べる所がない」という場合が多くあります。
カフェがあっても11時開店とか。朝から車移動はなんかしんどい。

部屋での仕事は特に書いていませんが、可もなく不可もなく。
椅子が少し硬いので、座布団持っていけばよかったかな。
涼しいので、クーラーは不要(ついてない)ですし、温泉もありました。

問題点としては、昼と夜のご飯ですね。
そこは観光地価格、観光地ご飯、観光地混雑です。
余裕があればいいですが、3日目は会議もあったため、もうどこに行っても出てくる気配がなく、キッチンカーで買いましたが、、、失敗ですね。

長期滞在をする場合は、昼食、夕食をかなり練って行かないと苦戦は必至です。

宿泊地を出ると蓼科湖。

主目的だったビーナスラインは天気がスカッと晴れた中で走りたかったですね。
今回は雲が出てしまったので、もう少しいい天気だったら…。
まぁ天気ばかりは仕方ないので、こういうこともあります。

車があると何かと便利です。
特に地方は。

茅野市でのワーケーションの感想

山が近いですし、色々なアクティビティもあり、ワーケーション向けの場所だと思います。
その分観光地として確立しているため、観光地価格+観光地時間です。

自分はビーナスライン上の宿を選んだのはありますが、長期でのワーケーションをする場合、食事問題がかかりそう。
終日キャンプでもするならともかく、ある程度観光をしたい場合は車は必須でしょうね。

観光地ならではの良さはありますが、自然系の観光地のため、1つ1つに時間がかかります。
遊歩道歩くのにも時間がかかりますし、移動もそれなりに。

なのでワークはワーク、遊びは遊びとかなりきちんと日を分けて実施しないと、どちらも中途半端になります。

なのでいつも言っていますが、1日で2つやるのであれば、仕事はAMで切り上げ、かなりゆったりとした時間配分で遊びという時間の使い方がベターでしょうね。そこまでして仕事をするのか?という問題がありますが。

スカッと晴れたビーナスラインにリベンジしたいので、もう1回行きたいかも。
ただ、ワークはそこまでしなくてもいいかなー。ちょっともったいない感じがしちゃいますね。